【PHP】LaravelでPAYJPを使ってみた

はじめに

Laravel で PAYJP を使ってみました
やり方をメモしておきます

目次

事前準備

PAY.JP に登録して秘密鍵と公開鍵を取得する

PAY.JP
https://pay.jp/

API ドキュメント
https://pay.jp/docs/api/?php

composer インストール

1
composer require payjp/payjp-php

クレジットカード登録

画面からユーザがカード情報を入力 → トークン変換して POST 送信

・以下のスクリプトでクレジットカードの入力フォームが表示される。
・入力フォームに情報を入力して、カードを登録ボタンをクリックするとトークンがpayjp-tokenパラメータとして POST される

View

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
<form action="" method="post" class="text-center mt-xxl">
@csrf
<script
src="https://checkout.pay.jp/"
class="payjp-button"
data-key="pkから始まる公開鍵を入力する"
data-text="カード情報を入力する"
data-submit-text="カードを登録"
></script>
</form>

ユーザ ID をインプットとして ユーザオブジェクト を取得

・初回はユーザ情報を持っていないので新規登録してユーザ ID を取得し、 DB に保存する
・二回目以降は DB のユーザ ID を利用する

Controller

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
$user = $request->user;

$this->validate($request, [
'payjp-token' => 'required',
]);

\Payjp\Payjp::setApiKey('ここに秘密鍵を入れる');

$user = User::where('id', $user->id)->first();
$payjp_user_id = $user['payjp_user_id'];

// 顧客情報を取得
try {
$cu = \Payjp\Customer::retrieve($payjp_user_id);
} catch (Exception $e) {
\Log::info($e);
// ユーザ未登録の場合は登録する
if (strpos($e, 'No such customer') !== false || strpos($e, 'invalid ID') !== false) {
$cu = \Payjp\Customer::create();
$user['payjp_user_id'] = $cu->id;
$user->save();
} else {
return redirect()->back()->withInput()->withErrors($e->getMessage());
}
}

ユーザオブジェクトとトークンをインプットとしてユーザのカードを登録

Controller

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
// カードを登録
try {
$cu->cards->create(array(
"card" => $request["payjp-token"],
"default" => true,
));
} catch (Exception $e) {
\Log::info($e);
if (strpos($e, 'same card') !== false) {
return redirect()->back()->withInput()->withErrors('登録済みのカードです');
} else {
return redirect()->back()->withInput()->withErrors($e->getMessage());
}
}

決済

ユーザ ID と金額をインプットとして決済

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
// PAYJP登録チェック
$user = User::where("id", $user["id"])->first();
if ($user['payjp_user_id'] == False) {
return redirect('clinic/credit_card/register')->with('is_after_complete', '先にクレジットカードを登録する必要があります。');
}

\Payjp\Payjp::setApiKey('ここに秘密鍵を入れる');
$charge = \Payjp\Charge::create([
"customer" => $user['payjp_user_id'],
"amount" => $request->purchase_point * 100,
"currency" => "jpy",
"capture" => true,
]);
# PHP
Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×